July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

” ミュージシャンズ・マインド “

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

あなたは仕事もあるしプロとして名前も知られている。

 

本音を言えば評価もされているし自信もある。

 

なのに何かが足りない。

 

なぜか?

 

それは他人の評価だからです。

 

他人の評価ということは他人のゴールである可能性があります。

 

あなたの才能や価値を他人に決めさせてもいいのですか?

 

他人のゴールを達成してもさらに他人の評価を必要とします。

 

あなたが心から望むゴールの再設定が必要な時期に来ているのではないでしょうか?

 

そしてそのゴールは現状の外側のはるか高いゴールでなければいけません。

 

なぜか?

 

ゴールは見えてくるとマラソンや100m走のゴールの最後の数歩を流してしまうようにモチベーションは自動的に下がってしまいます。

 

だから現状の外側にあるゴールを設定するのです。

 

準備が完璧に出来てからではいつまで経ってもスタートをすることは出来ません。

 

準備をしながら踏み出すのです。

 

過去の輝かしい功績を捨てるわけではありません。

 

未来に働きかけるのです。

 

そしてゴールは偏見や有害な物の見方を持った人の介入を許してはいけません。

 

ではゴールはどうやって決めるのか?

 

それは趣味の感覚を忘れないことです。

 

つまり『Want to』 です。

 

誰の役にも立たず利益も全く出ないがやっていて楽しいものです。

 

周りは「頑張ってるねぇ!」と言うが本人は全く頑張っていない。

 

やめられない、やめるのに頑張らなねければいけない。

 

結果的に利益が出てしまうということはあるでしょうが拒否する必要はありません。

 

そしてゴールはImagination(イマジネーション)とVivid(ヴィヴィット)によって生み出します。

 

それがReality(リアリティー)になります。

 

「 I 」+「V」=「R」

 

この方法によりモチベーションとエネルギーが生み出され大きな歩みでゴールを目指すことになります。

 

そしてその中間地点にこそ真のゴールが隠されています。

 

あなたはとても価値のある存在です。

 

もっと大きなことを成し遂げることができます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

” ミュージシャンズ・マインド "「あと5cm身長が伸びる3つの方法」

 

” ミュージシャンズ・マインド "

 

あと5cm身長が伸びる3つの方法

 

結論から言うとゆっくりと行動することです。

 

どうして?

 

それは背の高い人のスピードで動くと見た人は無意識的に大きい人だ!と認識するからです。

 

例えば渋谷のスクランブル交差点で道を譲って欲しければゆっくり歩くと向こうから避けてくれます。

 

ゆっくり行動すると無意識は、この人は社会的地位の高い人だと認識します。

 

ミュージシャンならステージでも少しゆっくりと行動するだけで、あの人がリーダーだっ!と判断されます。

 

と、ここまでは小手先のテクニックですが本当に大きい人というのは情報身体が大きい人のことを言います。

 

情報身体が大きいとは抽象度が高いと言うことです。

 

抽象度とは、ある情報に関わる先、あるいは又その先までを想像できる視点の高さの度合いを言います。

 

抽象度が高い人は、その問題を解決した方が社会的に役に立つと判断したら、たとえ自分にとって不利益になるようなことでも解決する方を選択します。

 

抽象度を上げれば情報身体はとてつもなく大きくなり圧倒的な影響力を持ちます。

 

例えばチェ・ゲバラのような人です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ミュージシャンズ・マインド「トラウマばいばいくん!」

 

ミュージシャンズ・マインド

 

自分のバックバンドに指示を出しすぎるとやる気をなくし褒めると調子に乗りすぎる。

 

ではどうすればいいのか?

 

そういう時は質問力です。

 

人は押し付けられると押し返します。

 

これは生得的なマインドの働きでプッシュ&プッシュ・バックと言います。

 

では具体的なやり方は?

 

例えばそのパートについてどういう役割があるのかと言うようなことを質問することで” 興味がある “、” とても重要なんだ “ということを伝えることができます。

 

直接否定するとモチベーションは下がりますし、お世辞を言っても何かおかしいと感じています。

 

だから質問なのです。

 

それからあなたが、どうしたいのかを伝えましょう。

 

あなたのやりたいことは間違っていません。

 

ただちょっと伝え方を変えるだけでいいのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

” ミュージシャンズ・マインド “ 「 力道山とスラップの意外なつながりとは? 」

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

「 力道山とスラップの意外なつながりとは? 」

 

それは空手のビール瓶切りとスラップが生み出されるまでのストーリーにありました。

 

私がまだ駆け出しの頃の話ですが今のような美しいスラップの音は出せませんでした。

 

手にもダメージがありテーピンぐを巻いて演奏していました。

 

そしてある先輩ミュージシャンから大量の凄腕コンガ奏者のダイジェスト映像をプレゼントしてもらいました。

 

さらに音の美しいコンガ奏者は手にタコも無くダメージも全くないという伝説付きです。

 

思いついたアイデアは夜中の3じであろうとコンガを引っ張り出して練習していました。

 

長年の研究の結果、今の音と方法論を手にすることができました。

 

しかしその後、現地でこの目で見たの衝撃の事実は映像の凄腕のコンガ奏者の手にタコやダメージがあったことでした。

 

ではビール瓶切りと何の関係があるのか?

 

それは高いゴール設定にあったのです。

 

実は力道山のビール瓶切りは弟子が瓶の口のところに油と火を使って分からないように傷をつけて切れやすいように細工がしてありました。

 

そしてそのビール瓶割りを見た他の弟子の一人が本気でそれを目指し、ついに細工なしで本当に出来るようになったというエピソードです。

 

私も先輩の話を聞いて本気で目指したら本当にタコやダメージがなく出来るようになってしまったのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ミュージシャンズ・マインド「トラウマばいばいくん!」

 

ミュージシャンズ・マインド

 

「トラウマばいばいくん!」

 

憧れのミュージシャンの影響を受けすぎてモノマネだと言われることがありませんか?

 

どちらかというと、いい意味で使うことはありませんが全く気にする必要はありません。

 

なぜか?

 

それは「学ぶ」の語源は「マネぶ」とも言われているからです。

 

良いプレイを見るだけで脳内では同じ部位のミラーニューロンが発火してるとも言われています。

 

だからそっくりになるのは当たり前で学んだということなのです。

 

それでもコンプレックスに感じたり自分のオリジナルスタイルを確立しなければ、と悩んでいる方もおられます。

 

でも考えてください完全なオリジナルなんてどのジャンルでも存在しません。

 

例えば私の例だと発明品のギロマシンでもまずギロがあってモーターを作った人、アクリルを作っている人や運んだ人、電気、ネジ、接着剤、その人たちを支える家族、食事を作っている人、というふうに縁起は無限に広がります。

 

何一つ欠けても成り立ちません。

 

だからミックスをオリジナルと言っているのです。

 

コンプレックスを持ったままだとあなたの魅力が伝わりません。

 

ではコンプレックスをどうやって取り除くのか?

 

それは映像イメージを捜査します。

 

どんなジャンルでも効果がありますので希望があれば方法を教えます。

 

メールに「トラウマばいばいくん!」と書いて送ってください。

 

matam.chant@docomo.ne.jp 山北まで!

 

あなたはもの凄い価値を持った存在ですからね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

” ミュージシャンズ・マインド “日本一のミュージシャンになるー!

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

日本一のミュージシャンになるー!

 

例えばあなたが日本で一番のミュージシャンになりたいと思ったとします。

 

他のジャンルでもいいです。

 

思って良いんです。

 

ゴールは誰にも言う必要はないのですから。

 

ただこの方法だと一番になる実力があるにも関わらず一番になる直前にモチベーションが下がってしまいます。

 

なぜか?

 

それは急いで渡った横断歩道の最後の数歩を歩いてしまうのと同じでゴールが近づいてくると自動的にモチベーションが下がってしまうのです。

 

ではどうやってモチベーションを保ち日本一になるのか?

 

それはさらに先の世界をゴールにすることです。

 

加えて一番というのも他者との比較になるので、自分の変化と成長にのみフォーカスするために省きます。

 

そして一人称現在形に臨場感と感情を加えてご自分に語りかけてください。

 

例えば「私は世界中のミュージシャンの憧れの存在になり誇らしく思っている」と言います。

 

これがアファメーションです。

 

脳は言葉を情報空間も物理空間も区別せずに取り込んで本物だと思っています。

 

そして潜在意識は今の現実との差を埋めようと思いクリエイティブになり同時にとてつもないパワーを作り出します。

 

そう、火事場の馬鹿力を意図的に生み出すのです。

 

これは科学です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

有名になりたい!

 

なぜ有名になりたい!もっとお金を稼ぎたい!と大きな声で言えないのか?

 

それは心にブレーキがかかっているからです。

 

なぜブレーキをかけてしまうのか?

 

どこかに罪悪感を持っているからです。

 

例えばミュージシャンだったら「魂を売った!」と思われるのは仲間を失う、そしてそれは命の危機を表しています。

 

でも怖がる必要はありません。

 

心の使い方を学んで有名になりたーい!と思いましょう!

 

心の底で思っている状態で我慢すると大きなストレスがかかり本来の実力が出せません。

 

動いてる車にブレーキをかけながら走っているようなものです。

 

子供の頃を思い出してください。

 

いつか有名になった時のためにサインを考えたでしょ?

 

ではどういう風にマインドを変えればいいのか?

 

それは社会に貢献することです。

 

だったらボランティアで音楽をやるのか?

 

それもいいですがもっと役に立ち罪悪感を消す方法があります。

 

それは大きなゴールを持つことです。

 

そうするとアイデアが出てきます。

 

例えば有名になって稼いで大金を納税するとか。

 

日本だと稼げば稼ぐほど納税額が増えます。

 

私の知る高所得の方で東日本大震災のあとすぐに宮城県に住民票を移して大量に納税している立派な方がいます。

 

高い目標を持つとそういうことを思いつくことができます。

 

最初はパーソナルなものでも思考のステージが上がっていくとやがて大きなもに繋がっていきます。

 

心のブレーキはお互いに監視し合うシステムが生み出しています。

 

みんなお互いに我慢しているのだから我慢していないやつが許せない!というのが本音です。

 

だから我慢しない自由な思考の人でいっぱいになる活動が必要なのです。

 

大きな目標を持ち心のブレーキを外してください。

 

束縛からの自由、フリーダムに!

 

そしてその束縛の前提さえないリバティーで活躍しましょう!

 

あなたが心から望む活動を心より応援しております。

 

 

 

” 脳と心は同じもの! ”

 

” 脳と心は同じもの! ”

 

例えば心が痛んで心臓が辛くなることがありますが心臓に心があるわけではありません。

 

この場合、脳が感じた結果として心臓に現れています。

 

マインドを変えればその表現は変わります。

 

ハートマークが心臓を表しているとして何年前からあるのか分かりませんが何百年も認識がずれていた可能性があります。

 

もちろん脳はあらゆる器官を包摂してますが脳と心は同じものです。

 

ということで新しいハートマークで ” I Love NY “を書いてみました!

” ミュージシャンズ・マインド "

 

” ミュージシャンズ・マインド ”

 

ライブの曲順で盛り上がる曲を2ndセットの真ん中あたりに持ってきてませんか?

 

一番盛り上がる曲は一曲目とアンコールにしてください!

 

それでは不安だ!後にとっておきたいという気持ちもわかります。

 

それはミュージシャン側のマインドです。

 

お客さんにフォーカスしたリストではありません。

 

だから逆なのです。

 

なぜか?

 

お客さんの中には、あなたのライブに初めて来たお客さんもおられます。

 

そういう方にもまた足を運んで欲しいですよね!

 

メイン曲を後半に持ってくると期待と不安を持ったお客さんはライブ後半でやっと、来て良かったことを確信します。

 

これではお互いにもったいない!

 

最初にメインの曲で心がつながればその日の曲は全ていい雰囲気に包まれます。

 

ファーストセットが終わると「CDあるのかなぁ!売り切れないうちに休憩時間に買っておこう!」と考えてくれます。

 

心血注いだ曲です。より良く共有してもらいましょう!

 

仕事でどうしても遅れてくる人や、いつも来てくれるが少しゆっくり来てくれる方のためにアンコールでもう一度演奏しましょう。

 

初めて来てくれたお客さんには又聴けるという喜びに加えファンの方には「待ってました!」という喜びを満たすことができます。

 

人気の曲は一曲目とアンコールに!

 

美味しさはコース料理!順番は逆!心意気は定食屋さんで参りましょう!

 

健闘を祈ります!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

”ミュージシャンズ・マインド”

 

”ミュージシャンズ・マインド”

 

Facebook等で盛り上がっている投稿を見て自信をなくしている人はいませんか?
みんな笑顔で楽しそうに見えますが実際には数秒の出来事です。そして実際にお客さんが入っているかどうかは分かりません。沢山に見えても写り方で現場はそうでもないこともあります。

 

ではどうやって気持ちを取り戻すのか?

 

それは人と比較しないことです。

 

具体的にはどうすればいいのか?

 

それは徹底的に好きなことに取り組むことです。

 

周りに多少迷惑をかけてもやりたくなるようなことです。

 

そこには他人の評価は全く介入しない自分だけの評価で責任を取ることができます。

 

そうすると楽しそうな写真を見ても「この人達、本当に好きなんだなぁ!」と変わってきます。

 

ご自分のマインドが変われば同じものを見ても認識が変わります。

 

比較しないご自分の本当に好きな音楽に取り組んでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop