July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

” ミュージシャンズ・マインド “「 負けるが価値 」

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

「 負けるが価値 」

 

楽器は元々人体にとっては異物です。

 

だから触れるときに身体に力が入るのは当たり前。

 

そしてその異物を使いこなすには心の使い方が重要です。

 

楽器のコントロールはミリ単位のコントロールを要します。

 

異物な上に手や体の大きさ合わせたものは少ない。

 

そして何よりそういうことに疑問を持つことや上手くいかない原因を楽器にすることを禁じられているような気がすることが問題です。

 

もっと自分に合わせればいいのになぜか同じルール上での結果に優越感や劣等感を持ってしまいます。

 

結果よりもプロセスにフォーカスしないとスポーツのように勝者と敗者を作ってしまいます。

 

そのため勝者は良くて敗者は価値がないという価値が生まれてしまいます。

 

もちろんルール上での勝ち負けですがマインドは良い悪いを判断せず取り込んでしまいます。

 

その結果マインドは正義と悪を作り出します。

 

だからゲーム性にフォーカスするべきなのです。

 

そうでないスポーツといえば接待ゴルフです。

 

接待ゴルフはレベルの違う人がゲーム出来る上に接待する側の視点から言うと勝ってはいけません。

 

では負ければいいのか?

 

その通りですが負け方が重要になってきます。

 

どういうことか?

 

接待ゴルフは大事な取引先の人に気持ち良く勝ってもらわなければいけません。

 

万が一勝ってしまっても「勝たしてやったんだよ」と思わせるくらいの演出が必要です。

 

このように勝っても負けてもゲーム性に価値があるスポーツが接待ゴルフです。

 

さらにそう考えると音楽や芸術とビジネスを結びつけることにも罪悪感を持たなくても済みます。

 

話を戻すと楽器もハンディの代わりに大きさや形をその人に合ったものでやることです。

 

とはいうものの実際に全て自分の道具で演奏できるわけではないし現実的ではないことは言うまでもありません。

 

重要なのはこの楽器のサイズや作りは自分に合っていないと考えることが悪いことではないと思う自由なマインドです。

 

その上で練習に励めば新しいアイデアが出てくるかもしれません。

 

お役に立てば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

pagetop