July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Vol.58 “ キューバのグルーヴLesson 1 “

 

Vol.58 “ キューバのグルーヴLesson 1 “

キューバのグルーヴはノリではありません。
あくまでトリックでありカラクリです。
こういった技術は長年国外に出ることはありませんでした。
このカラクリを国外に流出させた外国人がキューバへの入国が禁止になった例もあります。

 

ではHORACIO "EL NEGRO" HERNANDEZ(オラシオ”エル・ネグロ”フェルナンデス)のトレーニング方法をご紹介します。

オラシオはキューバでもトップミュージシャンで20年ほど前にアメリカに渡りすぐにファーストコールミュージシャンになりました。

動画はレッスンの映像ですがキューバ独特のグルーヴはこうしたトレーニング方法でグルーヴを共有しています。身体はほとんど動かずに練習パッドでもグルーヴすることがご覧いただけます。

 

こういった揺らぎの練習は熱くなってはいけません。
最初は揺らいだ音を出すのに体で出そうとして体の方が揺れてしてしまうことがあります。
あくまでもご自分でリズムを出さずに時間の流れに乗せるように静かに練習しましょう。
ノリを出そうなんて思ってはいけません。


聞いている人がノリに感じる演出をすることが重要です。
これはノリではなくトリックでありカラクリです。


そうすると体が波打つことなく効果的に正しく音を揺らすことができます。
これが出来るようになったらライブでは体を揺らし演出効果を高めましょう!

※音の演出が先で体の演出は後です。

 

ここではラテンリズムのクラーベと呼ばれるリズムを2泊3連と8分音符で表現するトレーニング方法を紹介しています。(ラテンアメリカでは2泊3連と8分音符のことをなぜか6/8と4/4と言いますが全て4/4で解釈して大丈夫です。

ということでキューバのグルーヴはこうした練習によって演出されています。


もちろんその他にもありますが私が一番お伝えしたいのはこういったメソッドが存在するということです。

 

まずはLesson 1からご覧下さい。

 

Lesson 2ではさらに進んだ演出方法をも紹介しています。

 

 

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop