March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2017年4月1日(土)、2日(日) 春風@代々木公園

 

2017年4月1日(土)、2日(日) 春風@代々木公園
私は2日にソロで出演しますよ!
花見とライブに出かけよう!

 

春風

ミュージックアベニュー渋谷 公園通り

本日は渋谷にて通常レッスンでした!

ご存知ない方のためにご案内です。

渋谷ヤマハのパーカッション・クラスはオリジナルコースなのでメニューは講師が決めています。

コンガ、ティンバレス、ボンゴをはじめ楽器が充実していてyoutubeでは学べない臨場感あるレッスンが魅力です。

体験、見学は無料です。

夏のイベントに向けて楽器を始めたい方は入れ替わりの今がチャンスです。

同時期に始める仲間と一緒にワイワイ楽しみましょう!

お待ちしています!

 

ミュージックアベニュー渋谷 公園通り

 

3/19(日)Latin Jazz Live!!!

 

3/19(日)Latin Jazz Live!!!

 

最強グルーヴのメンバーでお送りするラテンジャズセッションです。
ラテンジャズのスタンダードを中心にお送りしますよ!

ライブが終わったら打ち上げタイム!

楽しく過ごしましょ!

気楽に遊びに来てね!

 

19:30〜 
場所  Bar Quintet 
チャージ 投げ銭制

 

*Member
Conga pepe福本
Timbales 山北健一
Bass 伊藤寛康
Sax 大堰邦郎
Piano 斎藤タカヤ

 

Bar.Quintet
住所 世田谷区梅ヶ丘1-15-9
tel 03-6804-4167

 

梅ヶ丘駅から徒歩1分

 

 

” もしもこの曲にコンガが入ったら? “

 

” もしもこの曲にコンガが入ったら? “

 

大好評もしもシリーズのレッスンのご案内!

 

スタジオで思いっきり叩きましょう!

 

なんといっても楽しいのが一番!

 

個人レッスン 60分 5,000円+スタジオ代(前日もしくは3日前からの2人個人練習料金)+楽器レンタル料(コンガの場合)

大好評もしもシリーズ!!!

 

もしもこの曲にコンガが入ったら?
・"STAY TUNE”(サチモス)
・恋(星野 源)
・Uptown Funk (マーク・ロンソン)/ ブルーノ・マーズ

 

もちろん通常のポピュラーミュージックのレッスンもあります。

 

ポピュラーミュージックに使えるコンガのリズム
・What’s going on(マーヴィン・ゲイ)
・Happy(ファレル・ウィリアムス)

 

そしてポピュラーミュージックに使えるカホンのパターン!楽譜あり
・恋(星野 源)
・Uptown Funk (マーク・ロンソン)/ ブルーノ・マーズ
・Problem ft. Iggy Azalea(アリアナ・グランデ)

 

場所は都内レンタルスタジもしくは出張もいたします。
・NOAH 初台店
・ 渋谷2号店
・スタジオNODE水道橋店
・渋谷GATEWAY STUDIO
などコンガレンタルのできるスタジオになります。

 

ご予約、お問い合わせはメッセンジャーもしくはメールにてお願いいたします!
matam.chant@docomo.ne.jp 

 

遠方の方やグループでもご相談くださればいろんな形で対応できると思いますのでよろしくお願いいたします。

山北健一

 

 

” ミュージシャンズ・マインド “ 「スマホがないっ!」

 

” ミュージシャンズ・マインド “

 

「スマホがないっ!」

 

例えば、スマホないっ!といったん思うと目の前にあったのに見えなくなることはよくあることです。

何度見ても見えません。

 

ようやくあきらめた頃に何度も見た場所で見つかり、誰かが隠したのではと疑ってしまうことさえあります。

マインドは一度「無い」と思うと無いことを証明するために盲点を作り出し見えなくさせます。

そして盲点を作り出すのは視覚だけでなく感覚や心理的にも働きあらゆることを認識できなくさせます。

 

例えばあなたが有名になったり、すでに有名でも必ず、以前まだ無名だった頃の話題をして過去に引き戻そうとする人が現れます。

これはその人との関係が元の1つのイメージに執着し、すでに変化し成長している事を認めようとしないマインドの働きです。

その人の中にある「昔のあなた」が正しいことを証明するために力を注いでいるのです。

残念ながら人間関係において最初のイメージをくつがえすことは難しいとされています。

これからあなたが出る杭になり、飛ぶ鳥を落とす勢いでゴールに向かうというときがきます。

 

その時は新しい出会いにフォーカスし動き出すのです!

 

それまでの感謝の気持ちはあなたがリーダーになった時に大きく返せるときがきます。

 

そしてこれから成長したあなたに出会った人はあなたの過去の失敗や欠点を知ってもあなたを立派なミュージシャンとして扱います。

 

なぜか?

 

それは最初のイメージをくつがえすのは難しいからです!

 

そして” そのように扱われたあなたは望まれた通りの結果を出します。”

こういったマインドの働きを「ピグマリオン効果」と言います。

 

ご自分の可能性を制限してはいけません。

 

あなたの活動を心より応援しています。

お役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ミュージシャンズ・マインド ” 恐怖の言葉 “

 

ミュージシャンズ・マインド

 

” 恐怖の言葉 “

 

ドラマーやパーカッショニストがその言葉を聞くと体がこわばり、呼吸が浅くなり、コーヒーの味も分からなくなります。

時間が止まり、リハーサルは中断し、負のスパイラルから抜けられなくなります。

その後は消極的なプレイになりあなたの魅力はどこかへ行ってしまいます。

その強力すぎる言葉とは一体何なのか?

たった一言で一変してしいます。

 

なぜか?

 

それは皆んな苦い経験があるからです。

そしてその原因も、なぜ悪いと思ってしまうかも明確な答えも分からずに来ました。

だからその言葉を聞くと過去の未熟だった頃に引き戻され自尊心が下がります。

その言葉とは?

 

それは「ハシル」です。

 

「ドキっ」

 

怖いですよねぇ!

でも安心してください。

ハシッてもいいんです!

でもなぜハシッてはいけないのかを考える必要があります。

歌ものだったら歌詞が伝わらないとか、メロディー楽器だったら弾きづらい、曲のイメージが変わってしまうというような単純なものです。

 

そして最も重要なのはなぜハシルのかということです。

実はその原因の多くはメロディーに影響されているということを知っておく必要があります。

ただその本人や周りもそれを判断できていない場合がほとんどです。

誤解しないでいただきたいのはそれが悪いと言っているのではありません。

メロディーのリズムが重要なのは分かっているのだけど、どうやってリズムを出せばいいのかがわからないというのが原因です。

実はメロディーでもリズムが十分出せることが実験の結果から分かりました。

例えば私の実験ではストリングスのような立ち上がりのゆっくりなものでも耳で音が認識できた時がリズムの先頭だということがわかりました。

 

実験前の仮説はストリングスなどの音はゆっくりだから少し早めに発音しなければいけないのかと予想していたのですが違いました。

他にもパーカッションのカバサのような摩擦系の音でも音の出始めがリズムの先頭で気持ち良くグルーヴすることが分かりました。

だからヴォーカリストの声も音が聞こえたところがリズムの先頭だと意識していただくと問題は解決します。

 

ということでは恐怖になっていたのは「ハシル」「モタル」そのものよりも、その原因と解決方法が分からなかったことにあるという分析でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

" ミュージシャンズ・マインド "

” ミュージシャンズ・マインド "

 

お待たせしました!

 

第0期「グルーヴ講座」

 

グルーヴの”カラクリ”を知れば絶対的な自信が身につきます。

 

この講座はグルーヴ感を身につけていただくのはもちろんその本質は自信を身につけていただくことです。

 

最もお伝えしたいのは「そうだったのか!」というカラクリを知っていただくことです。

 

そしてそのカラクリが分かれば原因が分かり他者の音まで判断できてしまうのです。

 

その方法を手に入れてください!

 

 

打楽器はもちろんどんな楽器にも対応していますし楽器をやったことがないという人でも効果がある強力なメソッドです。

(実はすでに過去の投稿でもお伝えしていますが一つだけお伝えしていない方法論があります。その方法論をお伝えするのがこのメソッドです。)

 

 

結論から言うとマジックの種明かしをするというものです。

 

 

だから先生と生徒の関係になることもありませんし音楽性を押し付ける物でもありません。

 

もし身につかなかったらどうしようと思っているかもしれません。

 

でもこのメゾッドは名前を出すことは出来ませんがセネガルのプロジェンベ奏者も学んでくれています。

 

どういうことか?

 

音楽家系に産まれ音楽がある中で育ち国立舞踊団でプロとして活動している音楽家が私の音に出会い教えて欲しいという申し出があったということです。

 

私の発明したオリジナルグルーヴマシンのリズモくん動画は主に中南米でシェアされ2日間で2万3千回再生されました。

これがどれだけの価値かわかりますか?

 

自慢しているのではありません。

 

”信頼”していただきたいということです。

 

すでにグルーヴについては分析済みです。

 

弦楽器についてもトップミュージシャンとすでに共有しています。

 

あとはあなたがそれを認めてくれるのか、そして受け入れていただけるのか?

 

「今ままでの私は間違っていたのか?」と思うかもしれません。

 

そうではありません。

 

そのキャリアは私には到底できないあなただけの素晴らしい足跡です。

それがあったからグルーヴの価値に気づいたのです!

ただ少しの時間だけそのキャリアを横に置いて私の話を聞いてくれるだけでいいのです。

そして一緒に学びましょう!

 

それは毎回思うことですがお伝えしていくことで多くの学びと発見があるからです。

 

そしてその講座の値段をどうしようかと考えました。

 

研究費やそれに費やした時間を考えると通常のレッスン料では自分に対しても申し訳ない。

 

ューなど海外での経験はいうまでもありません。

 

 

そしてそれを皆さんが納得できるように分析しお伝えできるとこまで落とし込みました。

 

だからただメソッドに沿ってすればいいだけのことなのです。

 

さらに一つのグルーヴが理解できれば他のグルーブもご自分で分析できるようにもなりますし他のプレイヤーのどこを改善すればいいのかというリズニング能力まで身につきます。

 

あなたのバンドをより導くことも可能になります。

 

そして今回のグルーヴ講座の価格は120分20万円にさせてもらいました。

 

60分のレッスンの後、少し落とし込む時間として60分の休憩をとっていただきます。

その後また60分のレッッスンをします。

もちろん二日間に分けても大丈夫です。

 

内容はグルーヴの分析データをお伝えし実際のトレーニング・メソッドで練習します。

 

他のパートの方で打楽器でやってみたいというのでも大丈夫です。

 

そしてそれらの内容で今回グルーヴ講座第0期として120分10万円とさせていただきます。

 

さらに3月中にお申し込みいただいた方には早期割引として特別価格でご案内いたします。

 

遠方の方でも様々な形で対応いたしますのでまずはご相談ください。

 

グルーヴを手に入れてください!

 

そして今回も私が考えだしたトレーニング・メソッドに関しては守秘義務を守っていただきます。

 

3月中にお申し込みいただける方には早期割引として120分6万円とさせていただきます。

(*ただしスタジオ代のご負担をお願いしております)

 

内容には自信があります!

 

遠方の方でも様々な形に対応させていただきますのでまずはご相談を。

 

お申し込みお問い合わせはFacebookメッセンジャーもしくはメールにてよろしくお願い致します。

 

* matam.chant@docomo.ne.jp  山北まで

 

お待ちしております。

 

 

⚫山北健一プロフィール

 

1968年生まれ。 
85年、アフリカ音楽に出逢い
自分にはパーカッションが似合ってることを発見する。
打楽器を学ぶため
音楽大学への進学を希望するが断念。 
86年、川瀬ドラムスクールに入門。 
88年、単身ニューヨークに渡り
ラテン音楽のルーツやリズムについて学ぶ。 
90年頃より精力的にバンドやセッションに参加し
パーカッショニストとしての
キャリアをスタートさせる。 
日野皓正、NORA、山下洋輔、坂田明、OBATALA、
菊池成孔、RM Jazz legacy、朝崎郁恵、角松敏生、 
山根康弘、cocco、ボアダムス、サイコババ 、
他多数。
また講師として96年より
ヤマハミュージックアベニューに在籍し
現在も継続している。
97年 「なみはや国体」音楽アクトにおいて
リズムプロデュースをする。
98年より作品作りとソロライブに没頭する。
これまでに5枚のアルバムをリリース。 
2016年 リズムを科学する『山北塾』を主催 。
2016年 自作ギロマシーン(Rythmoくん)の動画が
Facebookで中南米を中心に2日間で2万再生を記録。
2016年 キューバの伝統音楽グループ、
ロス・ムニェキートス・デ・マタンサスの
ワークショップをプロデュース。
2017年 尚美学園音楽大学にて
ラテンパーカッション講義の講師を務める。

 

・MATAM RECORDS 
 http://www.matamrecords.com/release/index.html

 

 

" ミュージシャンズ・マインド "

 

" ミュージシャンズ・マインド "

 

例えばあなたがあるアーティストの録音に参加することになりました。

 

順調に進んでいたところ一曲だけアレンジが決まりません。

 

その時、あなたはどう判断し、行動をしますか?

 

アーティストの指示を待ちますか?

 

それとももっと色々とアイデアを出しますか?

 

ピアニスト坪口昌恭さんのNYでのアルバムレコーディングの話がとても感動的だったのでご紹介します。

 

アルバム制作はNYで行われ世界最高峰と言われるコンガ奏者ペドロ・マルティネスが参加することになりました。

 

ペドロ・マルティネスはコンガ奏者でありボーカリストであり何よりバンドリーダーとしても優れた音楽家です。

 

2枚のアルバムに高い頻度で参加し、その演奏の素晴らしさは言うまでもなく順調に進んでいましたがニューオリンズスタイルの曲をワンテイク録音した後にある提案があったそうです。

 

それは「この曲にはコンガはいらないのではないか?」という申し出だったそうです。

 

アーティストのレコーディングは報酬もよく彼らにとっても悪い話ではないはずです。

 

にも関わらず辞退するという高い視点と何よりアーティストや作品との関わり方に感激したという坪口さんのNY録音のエピソードでした。

 

いかがでしょう?

 

たとえご自分のパートがなくなったとしても全体にとっていいと判断した場合は自分を採用しないという選択肢があっても良いのではないでしょうか?

 

アルバム VIGOROUS / MASAYASU TUBOGUCHIにおけるレコーディング中のエピソードでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

” ミュージシャンズ・マインド “ 「 上を向いて歩こう !」

 

” ミュージシャンズ・マインド “

「 上を向いて歩こう !」

あなたは「出る杭は打たれる」と思ってませんか?

今成長しているあなたは目立っています。

そして心のどこかで目立つことに恐怖を感じているはすです。

「出る杭は打たれる」と思っているからです。

ではなぜ目立つと打たれるのか?

打ってくる相手はあなたが今まで通りでいることでその人が快適にいられる空間が保たれているからです。

あなたが成長していると感じると無意識は大変だーっ!自分も成長しなければいけない!と感じクイリエイティヴに成長しなくていい方法をあみ出します。

そして一番楽にできる方法としてあなたを引きずり下ろすことを発明します。

あなたが大きな夢を語ったり目立つと必ずこういう人が現れます。

でもこれは生得的な無意識の働きでなのでその相手が悪いわけではありません。

むしろ人間としては正常なマインドをもっていると言えます。

そしてこういった状態はあなたが頭一つ出ている、成長しているという証と捉え相手を気の毒に思うくらいでちょうどいいのです。

ゴシップ誌やワイドショーがいつまでもなくならないのはそれらの欲求を満たしてくれるからです。

そういうものを好んで何時間も話をしいる人はどんな人ですか?

金持ちは悪いことをして儲けていると教えられたことありませんか?

売れていくミュージシャンを見て魂を売った!という人がいます。

自分がやればいいのにっ!!!

そしてもしそういう状況になった時に引き摺り下ろされないようにするにはどうすればいいのか?

それは頭一つ出たところでさらに上を見るのです。

もうゴールを再設定する時期に来ているのです。

引き摺り下ろされないように心配をして下ばかり見ているとあなたを引っこ抜こうとしてる人から、あなたの力に満ちた顔が見えません。

「上を向いて歩こう!」

そして今度はあなたが引っこ抜く人物になるのです。

いいですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

” セルフコーチングとパーソナルコーチング "

 

こんにちは!いつも投稿をご覧いただきありがとうございます。

今日はこれらの投稿に共通するマインドの使い方であるコーチングについてお話ししたいと思います。

まずコーチングには2つのコーチングがあります。

1つはご自分に対して行うセルフコーチング。

もう1つはプロのコーチと一緒にゴールを目指すパーソナルコーチングです。

そしてこれらの2つに共通するものは何か?

それは自己の達成能力の自己評価を上げることにあります。

それをご自分でやるのか、コーチと一緒にやるのか?

これが2つのコーチングの違いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

12345>|next>>
pagetop